2022.10.1更新

'23年度(新中学1年生)の部員募集を開始しました。中学硬式野球選手を目指す小学6年生の多くは毎年10月から体験活動を始めます。


勉強と野球

横浜山手ボーイズは、「学びながら鍛えよう」をスローガンに、5教科の勉強と野球を行う文武両道の中学硬式野球クラブチームです。


海外の貿易商社勤務と海外ベースボールリーグを経験している英語堪能な監督やコーチの指導の下、特に英検対策に力を入れています。私立高校の推薦入試は英検のポイント加算も高く、当チームの生徒は中学卒業までに英検2級・準2級の合格を目指します。



卒団生進路▶▶▶




2つの教室と専用グラウンド

横浜塾

平日 @横浜市旭区市沢

在籍選手:横浜市全域、鎌倉市、藤沢市

勉強と練習で「知と体」を養う

  • チーム専用学習塾。照明付ケージを併設
  • 学習塾1Fはバッティングセンター(有料)



海老名塾

平日 @海老名市門沢橋

在籍選手:海老名市、相模原市

海老名エリアの中学生向け

  • 海老名塾も平日は勉強と練習で育成
  • 相模線門沢橋駅:徒歩数十秒の好立地



グラウンド

休日 @海老名市門沢橋

練習と試合で「実戦力」を鍛える

  • チーム専用グラウンド。公式戦にも対応
  • 20m×6mの大型バッティングケージあり
  • 空調完備クラブハウス。ミニ合宿も可能



Facilities▶▶▶




Philosophy 理念

▶ 文武両道

横浜山手ボーイズの生徒は 学生の本分である勉学を主に考え、その知識、知能を磨くとともに、スポーツ活動において強い体躯を養うものとする。


▶ 礼儀、挨拶、健全な心体力を培う

活動を通して、挨拶 礼儀 正しい心体力を培い、スポーツマンシップの元、健全な青少年の育成を目指すものとする。


▶ 自主性と協調性のバランスを身につける

社会人への土台作り、コミュニケーション能力として大切な、自主性 協調性のバランスを養う。


▶ 社会に貢献できる人間力の土台作り

勉学に勤しみ、スポーツ活動にて人間力を培い、社会に貢献できる人間形成に努める。



supported by BULLMOSS Ltd.